こんにちは♪




いきなりでなんですが・・・


image
 

ニトスキが錆びました・・・・( ̄◇ ̄;)


あとでしっかり洗おうと思ってちょっと置いといたらね・・・
えぇ、水気がついたまま放置するとソッコー錆びます!!





ということで、サビ落とし!!



image


洗剤をつけて、これでもか!というくらいゴシゴシ洗います。
洗剤を使うのは最初に買った時以来だな・・・


ひどい場合は金だわしで。
また、洗剤の代わりに「重曹」も効果バツグンみたいですよ〜!!




水気をしっかり拭き取ったら、



2016-10-18-14-25-51
 

最初のシーズニングと同様に焼きを入れます(▼_▼メ)
弱火で5分ほど。


サビがひどい場合は、この焼く工程からでもOK!
サビを炭化させることで落ちやすくなるんですって♪

↑ただし熱々のまま水につけるのは厳禁!!!
冷えてから洗ってください。





火を止めてしばし放置。
激アツなので注意です!!


IMG_9512


粗熱が取れたら、
サラダ油かオリーブオイルを全体に塗ってコーティングさせます。
この油の膜で、「水分」という強敵から守ってあげる感じですね!!


できれば持ち手や裏側も塗ってあげるのがベスト!
私は油があちこち付くのが嫌なので、新聞紙に包んで保管しています。


これで復活!!
これまでと同じように使うことができてます◎




 
ちなみに・・・


サビじゃなくて、焦げの場合は、


IMG_9504

 
水を張ってしばらくグツグツ沸騰させると落ちやすくなります◎




多少サビてもコゲても、なんとかなるのがスキレットのいいところですね(笑)
これからも大事に使っていきます!!





コラム「comorie」にて、
買ってすぐの“シーズニング”方法と日常のお手入れの仕方を紹介してます♪



2615_0

サビから守れ!「スキレット」のシーズニングと毎日のお手入れを図解 






 【追記】


ようさんから、ものすごく勉強になるコメントをいただきました!
ぜひ皆さんにも知っていただきたく、追記いたします!!

========


ご承知のとおり、スキレットなどの鋳鉄製品は、すぐ錆びます。
作った料理によっては(トマト煮込みなどの酸味があるものなど)、一晩放置しただけで錆びます。
 

でも、錆びが出た場合でも、
時間がそれ程経っていないなら錆びは表面を覆っているだけなので、洗剤を使わなくともリカバリは可能です。
錆びを擦る、水を煮立てる、を繰り返せば大抵大丈夫です。 

錆びや焦げ付きは、塩を一掴み入れて、乾いた布で擦ると良く落ちます。 
(本当は強く擦るのも避けたいところですが、錆びた時は仕方ありません。) 

なお、洗剤には錆びを落とす効果があるわけではなく、ス
キレットに染み込んでいる油を落としてしまうので、
一緒に錆びも落ちているだけだと思います。 



錆びが深くまで入ってしまった場合は、洗剤というより、研磨剤で擦る事になるでしょう。 

なお、記事のとおり、熱いスキレットに水をかけるのは良くないことですが、これは急激な温度変化でヒビが入る恐れがあるためですね。
僕は、まだスキレットが温かいうちに布で汚れをある程度取ってから、お湯を入れて洗っています。
 


========




なるほど・・・・!!
とても勉強になりました!

スキレットをもっと大事に、
愛着を持って使っていけそうな気がします♡
どんどん育てる感じでしょうか、大事にしたいと思います!!


ようさん、ステキ情報ありがとうございました( ´▽`)







好評発売中♪



長く使える ずっと愛せる「無印良品」探し






インスタもやってます♪
フォロー大歓迎です!!
 
Instagram   




⬇︎LINEに更新通知が届きます♪